様々なデバイス

レガシーである被リンクを活かす

SEO対策をしたサイトの運営に中古ドメインを利用するメリットのひとつに、過去の運用実績であるドメインエイジや他のサイトからのアクセスを促す被リンクがあり、これらを引継ぎすればかつてのドメインが残してくれたレガシーとなります。
そのレガシーである被リンクも放置しておけばせっかくのドメインパワーが宝の持ち腐れとなるため、いち早くリダイレクトの設定を済ませておくことが大切です。

被リンクにはこちらのサイトのURLが記載されており、それをユーザーがクリックすれば訪問してもらえる重要なルートとなります。
しかし、そのURLはあくまでも以前のオーナーにより作成されたものであり、トップページを除きサイト構成が変更され存在しないURLであれば404エラーとなりアクセス不可能となり、せっかくサイトに興味を持って閲覧したいと思ってくれた意思とドメインパワーを無駄にしてしまいます。
そのような事態を回避するためには、リダイレクトを設定するのがおすすめです。
リダイレクトとはユーザーが旧サイトにアクセスしても新サイトの同一のコンテンツ、またはトップページなどに誘導する方法で、被リンク元のオーナーに変更を依頼する手間をかけることなく自身のドメイン側で完結できるのも大きなメリットです。
リダイレクトには完全な移転の301リダイレクトと一時的な移転の302リダイレクトがありますが、Googleではユーザーが検索エンジンから正しいコンテンツに辿り着くために301リダイレクトの使用が推奨されています。
被リンク元のサイトのオーナーに新サイトへのURLの変更を依頼しても必ずしも連絡が取れなかったり、応じてもらえるとは限らないため、多くのケースでは相手に手間をかけるのは申し訳ないという考えから、後に変更があっても自身のドメインの側で完了できる301リダイレクトを利用するケースが増えています。

SEO対策を行ったサイトの運営のために中古ドメインを購入した場合は、引継ぎを行うことで被リンクをはじめとするさまざまなレガシーを享受できますが、ユーザーがアクセスしても404エラーとなって行き先を失ったままの状態を放置しておくのは勿体ない話です。
いち早くリダイレクト設定を行うことで、サイトに訪問してくれるユーザーの利便性を高めるだけではなくページビュー数の増加に大きく寄与することから、ぜひ押えておきたい運用方法のひとつです。