様々なデバイス
初心者が中古ドメインを購入してドメインエイジの重要性を知る > エイジングフィルターの動向を注視する

エイジングフィルターの動向を注視する

サーチエンジンの検索結果にリストアップされるためにはインデックス化される必要がありますが、実際に反映されるインデックス速度にはドメインの属性が大きな影響を与えます。
サーチエンジンのGoogleでは新規ドメインを取得した場合は一定期間、中古ドメインでもごく稀にエイジングフィルターにより検索上位に掲載されないケースがあります。
Googleではエイジングフィルターの運用方法は非公開とされているため事実上回避する方法が分からないだけではなく、特に始めたばかりの初心者の方はペナルティだと勘違いするケースも少なくありませんが、過去に何らかの問題を起こしていない限りはさほど心配する必要はありません。
新規ドメインの場合は過去の運用実績が全く無いことから、既にドメインエイジを積み重ねた実績のあるドメインとの差別化を図るために検索の下位に回るような施策だと言われており、運用実績の有無をフェアーに評価し検索結果に反映しているという見方もあります。

新規ドメインの所有者にとっては大きなハンデを課せられたかに思えますが、中古ドメインの所有者にとってはその分自身のサイトが上位に来る可能性もありメリットは大きいと言えます。
一方の中古ドメインがエイジングフィルターの対象となっている場合は、一旦活動を休止してドメイン販売業者などに転売された時点で休眠状態として扱われ、次のオーナーが購入して再び活動が開始されたことがGoogleの側で把握されていない時期に検索下位となってしまうことが一部で確認されています。
したがって中古ドメインを取得して過去に何ら問題が無かった場合は慌てる必要は無く、運用を開始してから一定の期間を経過すればエイジングフィルターは解除されます。
もちろんこれはごく稀に発生することであり、多くのケースでは気にする必要はありません。

インデックスフィルターの問題が解決できれば、あとは適切なSEO対策や訴求力のあるコンテンツの作成などに集中し、ページビュー数を向上させるのみです。
これらの影響はどの程度なのかドメインを購入した段階では分らず実際に運用してみるまで判明しないばかりか、いつどこで反映されるのか、あるいはされないのかも不明瞭で決定的な回避方法も存在しません。
その一方で、中古ドメインならではのさまざまなメリットを活かして適切なSEO対策とコンテンツの構築を行い評価を上げてインデックス速度を速める努力を地道に続けるのが、結果として成功への近道と言えます。