様々なデバイス

できるだけ早く確認したい

過去にそのドメインでスパムに利用されていたなど何らかの悪質な不正が行われていた場合は、アルゴリズムによる自動ペナルティーの他にも専任のスタッフの目視による手動ペナルティーが課せられていることがあります。

自動ペナルティーの場合は原則として確認するすべはありませんが、手動ペナルティの場合はサーチコンソールの「手動による対策」から確認できるので、中古ドメイン購入時にはできるだけ早く閲覧しておきたいところです。
手動ペナルティーは人間が行っていることであるため、時にはミスや勘違いから不当にペナルティーが課せられるケースも少なくありませんが、特に中古ドメインを購入して発覚した場合は身に覚えの無いことで運用に支障をきたすため要注意で、素早く対応したいところです。
多くの中古ドメイン販売業者では、万が一購入したドメインに手動ペナルティーが課せられていたことが発覚した場合に備え返品保障が付いていることがあります。
ただし、申請できる期間が限られているケースもあり要注意です。
中古ドメイン販売業者のアクセス中古ドメインの例ではジャンクや一部の返品不可の商品を除き返品保障の対象となり、申請して手動ペナルティが課せられていることが確認されると返品、返金に応じてもらうことができます。
約5日で指定した口座に返金額が振り込まれるほか、対象の中古ドメインの保有登録が解除されます。

手動ペナルティは実際にドメイン購入後にGoogleのサーチコンソールで調べるしか手段が無いため、過去に悪質な利用がされたことがあるのか事前に分からないケースがほとんどですが、そんな中でもアクセス中古ドメインのような返品保障のある業者から購入すれば万が一の事態にも安心です。
一般的な販売業者では返金まで数週間かかるケースやいつまでかかるのか明示していないケースもあります。
トラブルに見舞われた上にいつまで待たなければならないのか不安になるケースも少なくありませんが、アクセス中古ドメインの場合は約5日という驚異的なスピードで対応してくれる点も高く評価されています。

中古ドメインは価格が大幅に安い上にドメインエイジや被リンクなどを引き継げるなどさまざまなメリットがある一方で、身に覚えの無い手動ペナルティなどのリスクが伴うのも確かです。
このため、SEO対策に最適なドメインだけではなく、購入先も万が一のトラブルに見舞われても保障がしっかりした業者を選ぶことが大切です。