様々なデバイス
初心者が中古ドメインを購入してドメインエイジの重要性を知る > ちょっとした文言の違いが大きな印象を与える

ちょっとした文言の違いが大きな印象を与える

適切なSEO対策を行えばサーチエンジンの検索結果で上位に表示されることでクリックしてもらえる可能性が高まるとは言え、最終的にボタンを押すことを選択するのはユーザーです。
いくら対策を施しても、数多くのサイト管理者が更新したり新規にサイトを立ち上げるという動きを続けている中で、検索結果の順位は常に変動しています。

そのページを見たいと最終決断をさせるのは、サマリーを見て求めていた情報があるに違いないと確信するのはもちろんのこと、ページタイトルもその心理に大きな影響を与える要因となります。
例えばほとんど同じサマリーが記載されていてどちらにしようか迷ってしまった場合、多くのユーザーはページタイトルを見て判断することがあります。
もしもページタイトルに難しい漢字が使用されていたり、分かり辛い外国語だった場合は拒否したいという心理が働き、その一方で同一の価値を持つページで分りやすい名称のサイトがあればそちらを選択する傾向にあります。

また、初心者が陥りがちなのが好きなプロスポーツチームやアーティストなどの名前をページタイトルに付けたがる現象がありますが、それには注意が必要です。
自分の好きな物を紹介したい、あるいは同化することで満足感を得たいという心理がありますが、幅広いユーザーのアクセスを求めるSEO対策をしたサイトの場合はマイナスの要因となる場合があります。
例えば特定のプロスポーツチームの名称をページタイトルにした場合、たとえそこに有益な情報が記載されたコンテンツが存在していたとしても、そのチームのアンチであればクリックを躊躇する行動に出ます。
もしかしたらコンテンツ自体は気に入って将来にわたるリピーターとなり得たユーザーだったにも関わらず、ページタイトル一つでそのチャンスを失ってしまっては、損失は大きいと言えるのでしょないでしょうか。
このような事態を避けるためには、好き嫌いの分かれる分野の文言を使用するのは注意が必要で、誰にとっても親しみやすく分りやすいページタイトルに設定することが大切です。

ただし、SEO対策を意識した場合はそれだけでは不十分で検索結果の上位に反映されることも重要性が高く、多くのユーザーがページタイトルに悩むところです。
人々の動向は日々変動することからコンテンツの内容を的確に知らせつつ順位を上げるなど、全ての条件を満たすのは困難を極めますが、重要性の優先順位を考慮して効果の大きいページタイトルを設定したいところです。