SEOに深く関わるお話。 初心者が中古ドメインを購入してドメインエイジの重要性を知る
SEO対策

初心者がSEOと中古ドメインを利用したサイト運営ではドメインの購入が大きなポイントとなります。
ユーザーがサイトに訪問する最大のルートはサーチエンジンの検索結果からのアクセスですが、ドメインを新規に開設した場合はDNSサーバーへの登録が行われてからそれがサーチエンジンに反映されるまで早くても数週間、長ければ数ヶ月もの時間を要するため長期にわたってフルに運用できないのは大きな痛手です。

その一方で既に運用実績のあるドメインエイジを積み重ねてきた中古ドメインであれば、既にサーチエンジンに反映されており多くは休眠状態としてデータベースに残っているため、運用を再開すれば短期で検索結果に反映されるようになるのも大きなメリットです。

初心者の方が陥りやすいのが引き継ぎの作業で、中古ドメインの場合は以前の利用目的と異なる目的で利用する場合は、以前のサイトが復活したと勘違いして訪問するユーザーも少なくないことからケアをすることも大切です。

また、被リンクも以前のサイトの内容が紹介された上で貼られているようであれば、それ見てクリックしたユーザーは開いた新しいサイトの内容に驚いてしまうに違いありません。
そこで、そのドメインのオーナー自身で、今後は以前のサイトとは違う目的や内容で運営することを何らかの形で明示することが大切です。

被リンクイメージのイラスト

さらに、可能であれば被リンク先にその旨を伝えて紹介文の変更を行ってもらえるよう依頼すれば、新規に被リンクの依頼をしなくても既存の被リンクを有効活用することもできます。
これらの引き継ぎをしっかり行なうことで無用なトラブルを回避するのはもちろんのこと、ここで誠実な運営者であると好印象を与えることができれば新たなサイトのリピーターになってもらえる可能性もあります。
引継ぎをしっかりと行える者が中古ドメインの活用を制すると言っても過言ではありません。

中古ドメインを利用する際に見逃せないメリットのひとつがSEOの効果で、過去に運営されていた時の評価を引き継いで利用できるため、新規ドメインを利用する場合と比較して早期にSEOの恩恵を得ることができます。
検索結果への反映やSEOの浸透がサーチエンジンに既に行われているため大きなアドバンテージを持ってスタートできます。

以上は初心者の私が中古ドメインを取得してSEOを機能させるまでに気をつけた点ですが、当初想定していたのと比べてさほど大きな手間をかけずに大きな効果を上げることができたというのが率直な感想です。
新規と中古では評価の分かれるところですが、特に今回体験した感想としては既に利用実績やドメインエイジがある中古ドメインだからこそ、新規ドメインで行わなければならないことや一定の時間を要することを省いて、いきなりスタートできる面が多いということが今回学ぶことができた収穫であると評価しています。